オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



続・女とバレンタイン。

イヤでも、今年もバレンタインはやって来る。

で、この時季はいつもながら「My Funny Valentine」の曲を想い出す。Jazz好きになった頃の歌、今でも口ずさんでしまう。想い出の曲は、仄かな時めきの陰影を落し込むものだ。

日本では、殿方への感謝祭だと思えばよい。コーヒー代、コミュニケーション代だ。これが、交流には思いのほか効果的な促進費用である事が、後々理解できる。

仕事付合い、上司、同僚なら千円以内・・・てな感じなら、誤って勘違いする殿方もいないだろう。負担のない無難な線で決めたい。
 
好意の人あらば、契機のチャンスである。頑張って奮発路線マッシグラも、良しとしたい。

毎年人気の極上チョコ。今年の流行はココでチェック! 16900個突破☆懐かしい苺ミルクの味わい神戸苺トリュフたっぷり100gフランツオリジナルBOX入「苺ミルク」の懐かしい味わいの神戸苺トリュフ。たっぷり100g入りフランツ BOX入は、バレンタイン ・ギフトにもピッタリだ。男イチコロとは言わないが、男味覚も充たす逸品だ。少なくとも周囲の男性 陣は美味い、と、コケタ。ブラックの錨ロゴに、レッドBOXは、小粋で可愛い。もぎたて苺をフリ ーズドライにしてホワイトチョコで包んだクリーミーで仄かに甘酸っぱい味わいは、カルピス流に言え ば、初恋の味か。洗練された神戸の洒落た奥深さを感じるオススメ品である。
posted by 女の美学 at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お勧め篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。