オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女と采配。


流石に、韓国に三敗目はできない。集中した試合だった。

祈願の1組1位通過、韓国に苦しめられた分、6-2の勝利は、イーブンの2勝2敗で喜びもひとしお。内川の本塁打もあった。

労いの日本代表の獲得賞金は160万ドル(約1億5100万円)以上の確保となった。優勝の大会連覇となれば、更に2倍近くに膨れ上がる。それだけの労賃だが、プロフェッショナル侍ジャパンへの褒美なら、桁違いに多くはない。
タグ:女と采配。
posted by 女の美学 at 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-感動篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。