オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女とこだわり。

WBC続きでご勘弁願いたいが、侍ジャパンが準決勝で米国を負かした。ワンダフルジャパンだ。これで決勝進出だが、またもや相手は宿敵韓国と来た。余程の因縁があるが、ここ韓国に勝たねば意味がない。更なる積極的なプレイを期待したい。

優勝と2位では、意味の深さが大分違ってくる。積極的に拘って、勝利を掴んで欲しいものだ。

posted by 女の美学 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-感動篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。