オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女と価格。


以前から情報が流されていたインドのタタ自動車が発売される。世界で最も低価格の自動車「ナノ(Nano)」である。ナノ・ベーシックモデルの最低店頭価格が、11万2735ルピー(約21万6700円)。

勿論、基本タイプなので、エアコン、パワステ、パワーウィンドウはない。それが欲しければデラックスタイプとなり、店頭価格で18万5375ルピー(約35万6000円)。

現在の日本の軽自動車は、価格帯だけなら千CCクラスに比較し、100万越えが当り前で、割高である。タタは、価格帯のみなら圧倒的な勝ちに回る。経済を反映してか、最近は回りの人々も下駄代わりには、軽志向が強い。税金も安いし。

アメリカに日本車が輸入されだした頃、恐らくはアメリカの日本車販売も、アメ車との低利性がマーケティングの主流戦略だったのだろう。同じ排気量で、安くて、性能がよくて、デザイン性や安全性にも優れていれば、人気にならない訳がない。

それと女人気を煽るには、車の可愛さも、キーワード・ポイントなのは言うまでもない。


タグ:女と価格。
posted by 女の美学 at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お勧め篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。