オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女といけそな快感。

女とウエスト。

おなか周りを気にしない女性はいない。 だからといい、食事ダイエットで美味しいものを差し控えることは、拷問に等しい。我慢は、精神衛生上、有難くはない。却ってストレスが溜まり、脂肪に変わる・・・・?

ただ、毎度、毎年、ウエスト増加の度に服を買い揃えるのは、嬉しくはない。不経済なウエスト周りだけのバ ージョンアップでは、誠に情けない。

あの手この手で、ダイエットしたけど、腹筋はキツイ、根性と時間がいる。腹筋だけだと片手落ちで背筋に負担が掛かる。ダイエット運動は、時間を掛ける程には、短時間での効果は目に見えにくい。モット、楽な方法はないものか?と、考える。自身、運動は嫌いではないが、楽しめないダイエット・スポーツでは長続きがしない。

あのかつて流行盛んであった 、イケイケのビリー何とかを始めたM子は、流石に今は続かず、水泳ダイエット中である。激しい運動は、ランニングハイみたいに 、半ばマゾ的な快感を得ると楽しくもなるが、日常をマルマル費やさねばならなくなる。それほど有閑ではない身分では、気軽に短い時間で楽しめねば、ダイエットは、続かないものである。

長くて一日、15分〜30分、これがダイエットに費やせる、せめてもの最大譲歩の時間である。
 
さて短時間でデザインできるキレイな腹筋、その体のデザインにはコツがある。長時間運動すれば、体のデザインが美しくなる訳ではない。コツとは、システムである。そのシステムに肉体を嵌めれば、短時間で理想的なカスタムメイドのボディ・デザインが仕上がる。

仕事が運動よりきつくても、脳は仕事モード時は、運動レベルの指令をなさない。当然、肉体はその命令に応じない。運動体勢のモードなら、脳指令は運動モードに変わり、肉体が運動に応じる体勢をはかる。 これは、脳指令の体勢を考慮したものなのか定かではないが、それに近いシステム性を感じる。

こりゃ、簡単だべ〜・・・東北人でもない傍らの主が呟いた。

が、これは、手応えがいける。嫌々、腹応えが、素晴しくズンドコ、直撃する。イケイケの、相当いけそうな快感である。 

★女も男も喜ぶ、快感ダイエット・エボリューション★

買っちゃった〜! わーい(嬉しい顔)
posted by 女の美学 at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Life Attention | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。