オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女と犯罪者。

犯罪は作られる。

本編「(04/24)女と草gの裸。」で論じたが、少しスッキリしなかった。草gクンの行為は、あったのかも知れないが、通常の酔払いの措置であれば、こんなにも大袈裟になるものでもない。

最低の人間とのコメントを出した鳩山さんだが、相も変わらず一言多い。彼の暴走気味の大臣按配は、わきまえない最低の人に見える。上から目線で、人を評すほどのタマではない。


武器さえ持たない芝生に座して裸の男が公園で叫んでいる。退去させようとしてか、掴もうとした警察官に対して自己防衛と本能で、彼は少し暴れただけである。警邏中の警官は何かと鍛えているもので通常人の肉体より屈強である。彼らからすれば、通常の酔払いに過ぎない。

酔払いの無防備の男に対してなら、余裕で諭して、犯罪予防するのが警官の勤めであろう。犯罪は予防してこそ警官としての責務であろう筈。彼らの成績に影響するのかと、つい下世話に及んでしまう。


麻薬⇒六本木⇒芸能人⇒真夜中の奇妙な不審者の図式が、警察官の意識を動かしたか?これが女であったら・・・とか、芸能人であったから・・・とか、対応する側が特別の見方をしたから、このようになったのかもね、と言うしかない。

posted by 女の美学 at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-物言い篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。