オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女とGWの行く末。

GWに、何をするか。そろそろGWである。そこかしこ日本中の観光地が賑わう季節、皐月新緑の頃はドライブしても気持ちが良い。陽射しも、そよ風も、蒼い空も清々しくて心地よい。キャンプ場も賑わう。
 
この時期のキャンプは朝晩、幾分冷えるものの、日中は特段に暑過ぎもせず過ごし易い。山もいいし、海もよい。夏だと海のキャンプ場は、些か、難民キャンプの様相があり、暑過ぎてウンザリするが、この初夏の時期は適度な温度で、岩場の潮溜まりには、色々な生物がいて、興味深く楽しい。子供でなくとも、大人も充分に楽しめる。
 
ホテル、旅館の宿泊は気楽でよいが、これに比すれば、キャンプは、手作りのチープな遊びである。だが、より自然に接することで、生きていることの証を、より身近に実感できたりする。
 
私は山のキャンプでも刺身を食べる。勿論、初日だけになるが、ニンニクを利かしたオリジナルのハワイ風・ポキを冷やして持参する。これはフランスに帰国栄転したムッシュ・セラムも「トレボン」と舌鼓を打った。この季節は、初鰹を使って調理する。これにギンギンに冷やしたワイン。今時は、赤でも白でもこだわらなくなった。その食材が旨ければ、どちらでも良いと思うが、何故か白ワインが合う、実に旨いのだ。
 
これがビールだと、際立たない。カリフォルニア白ワインが、無条件に、口に、喉に、何時までも美味しい。山でのキャンプ時の、白ワイン、あれは、不思議だ。何故、白ワインが引き立つのか、と思っていた私だが、以外や、友人らもビールより、白が断然旨い、と思っていた様だ。


posted by 女の美学 at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お遊び篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女と着物。

最近は着る機会がない。


人の結婚式のお呼ばれでも、気軽で身軽だから洋装が多い。和人であるにも関わらず、和装を忘れてしまっている。


小説にある【衣擦れの音=絹擦れの音】なんて、死語に近い。だが、男性にすれば、この音が素晴らしく艶っぽいらしいのだ。白い柔肌の裸身でも想像するのか、脱がせる予感なのか、想像を逞しくさせるらしい。これは匂い、香りにもある。


横道にそれたが、渋い着物は好きである。いいと思う物を見ると、値段も比例する。貴金属と変わらない。良い物は、それなりの風格を漂わせる。


最近、着物合わせをした。遊びである。伯母の古い持ち物での遊び合わせである。170cm程の従妹が着るのを見たら、何と、カッコ良かった。何でも似合った。


着物は、昔風情のタッパのない伯母の身長クラスが主流かと思っていたのだが、上背のある人の方が似合うのではないかとさえ思った。これは、良い気付きであった。外国人を交えたパーティなどで際立つ理由が、理解できた。


大柄の女性は、積極的に着物着るべし、である。その妙は、凛とした華になれる。

タグ:女と着物
posted by 女の美学 at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お遊び篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女とXmas。

以下は単純なお遊びである。クリックすると、チョイ面白いかナ。

最近、不要タグの為に、本ブログが海外サイトへ飛んだり、原因のその不明タグ探しに気苦労した。気苦労した分、知恵が少し付いた。でも相も変わらず、他の用事でブログ書きは遠のいている、イケナイ私・・・
だから、以下はサービスです。
posted by 女の美学 at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お遊び篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女と花弁。

3月桜が咲いたと思ったら、4月になって散り始めた。土日を対象にすると、どうもこの季節は雨風が強かったり、寒かったり、花を愛でての桜の下での花見宴会に見合う心地良い天気の幸運には恵まれない。

そのせいか、最近の隣近所の寄合いでの【花見】と言うと、専ら桜の無い料理屋の座敷・・・無論、風情には程遠く居心地が悪い。興が乗らず、参加に二の足状態となる。

ご多分に漏れず、今後の日本の高齢化社会のサンプル的集い、ジジババ集団が殆ど、以外や私などが際立った花弁となる風流?


赤毛氈に三味線、和服姿の小粋な若旦那と、姉さんが杯を交わす中、桜の花弁が
ゆらゆらと舞い落ちる、せめて、そんな春の憩いを求めたいと思うは、贅沢か・・・・・・・

posted by 女の美学 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-お遊び篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。