オンナを美学する。

「女の美学」とタイトルしたものの、【オンナ・ヲ・ミガク】に等しい。
みがく材料、ツールは巷に氾濫している。

ここでは独断と偏見で、お役立ちツールをチョイスしたい。
もちろん、人によっては全く役に立たない代物掲示もあろう。

そこは、あなたの博識と大人の女の対処で、大いに無視して戴きたい。



女と草gの裸。

どうしたのよ、クサナギくん?

裸になることは悪くはない。誰でも裸にはなる。

お風呂に入るとき、まさか衣服を付けてたりはしない。たまには、そんな趣味人も居るかもしれないが、99,999%は、裸になる。寝る時も裸が心地良いとして、若い時分は裸で寝ていた。そんな人もいる。勿論、TPOを心掛ければ問題はない。公衆に迷惑がられなければ問題はない。

まさかの草g 剛クンだけど、せめて、パンツさえ穿いていれば、ここまでの大きな問題には発展しなかったかも知れない。売れっ子だから、ストレスは多いでしょう。

でも、お酒に飲まれてはいけません。身を滅ぼします。順風満帆には行かない、これが人生です。大波小波はつきものなんで、ここでめげ過ぎないように反省してください。30過ぎの人間には、この事態は、どの角度からあなたを擁護しても、恥なのですから。


ある意味、後半の人生を考える上で、先走ることなく、少しのアクセントになったかも知れません。公園の芝生で開放的になるのは気持ちよいでしょうが、これからは、家で飲んで、脱ぐべし。

posted by 女の美学 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-物言い篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女とミニスカート。


ミニスカの嫌いな殿方が、この世に存在するとは知らなかった。

堪らないそしりである。何でも、極端な方向へ向かうのは恐怖である。宗教でも考え方の問題である。ミニで撃ち殺されるなら、日本人女性は何人生きられようか。ディスコなぞ、有り得ない場所である。

あなたの父は、大丈夫だろうか・・・他者の価値を認められなければ、民主主義は成り立たない。好きなこと書いて呆けている私の存在も有り得ない。幾分、まだ日本は平和なのだろう、感謝・・・。






posted by 女の美学 at 01:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | 女の美学-物言い篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女と危険なSEX。


若いからと見過ごされる事は多い。危険との隣合せにエクスタシーでも高まるのか。

だが、他人へ危険な状況を導くかもしれない迷惑行為ではお粗末で、カッコ悪い。

それに気付かぬ想像力の欠如は、表裏の刹那の快楽を不幸にする。


posted by 女の美学 at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-物言い篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女と日本の侍たち。

おめでとう、WBCサムライ・ジャパン!

韓国下し、世界2連覇達成!!ブイブイである。日本の女たち、侍の妻たちは、どれだけ狂喜したことか。

まさかこのまま順調過ぎるのではと感じた9回の思いは、韓国パワーのしぶとさで、振出し延長試合へ追加続行。

ドキドキ緊迫した延長の中、イチローの粘りの勝負強さが勝機を呼んだ。流石、最後は、イチローさんである。カッコいいとこは、彼の為に残してあった。野球の神様は、憎い演出をする。

決勝の緊張感は、見ていても違う。キューバ、米国、韓国を負かしての今回の堂々優勝の2連覇、言うことはない。

それにしても韓国のパワフルな野球の手強さは、次のWBCで更に日本の強敵として、立ちはだかるだろう。安穏とはいられない。



posted by 女の美学 at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女の美学-感動篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。